愛甲猛の今現在の娘・息子・嫁は誰?若い頃の年俸・年収はいくら?

スポンサーリンク

有吉ゼミ「3.6㎏超!中華スタジアム盛り」に元ロッテ主砲愛甲猛さんと元メジャーリーガー川﨑宗則さんが出演します。

甲子園で優勝したこともありますが、プロ野球選手として23年間活躍しています。

愛甲猛さんの今現在の娘、息子、嫁は誰で若い頃の年俸・年収はいくらか紹介します。


スポンサーリンク

愛甲猛さんの娘・息子・嫁は誰?


愛甲猛さんには、嫁、娘、息子がいます。

嫁は愛甲佐知子さんで20代の若い頃に結婚しています。

嫁との出会いは電車内で酔っ払いに絡まれているところをのちの旦那の愛甲猛さんが助けてくれたようです。

愛甲猛さんと愛甲佐知子さんは同い年だったということで会話も弾んだようで、電車での別れ際に電話番号を交換したことがきっかけになります。

愛甲猛さんは、横浜高校時代に夏の甲子園に2度出場して絶大な人気だったということで、デートの待ち合わせでもファンに囲まれてしまったようです。

愛甲猛さんの娘は、愛甲麗華さんで昔は千葉マリンスタジアムの売り子のアルバイトをしていたようです。

愛甲麗華さんは美人で可愛かったこともあり、売り上げもよかったとのことです。

息子の愛甲大樹さんは、社会人野球クラブチームTOKYO METSの選手兼任コーチで活躍しています。

嫁、娘、息子と3人とも野球に関わっていたことになりますね。


スポンサーリンク

愛甲猛さんの若い頃の年俸・年収はいくら?


愛甲猛さんは、横浜高校を卒業後に、千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズで活躍しています。

千葉ロッテマリーンズは1991年~1995年、中日ドラゴンズは1996年~2000年になります。

プロ野球時の年俸は以下の通りです。

1980年:契約金4800万円 年俸450万円
1981年:420万円
1982年:420万円
1983年:420万円
1984年:510万円
1985年:550万円
1986年:600万円
1987年:1080万円
1988年:1300万円
1989年:2500万円
1990年:4000万円
1991年:4300万円
1992年:5000万円
1993年:4800万円
1994年:4700万円
1995年:6500万円
1996年:3000万円
1997年:2900万円
1998年:3500万円
1999年:3800万円
2000年:4000万円

若い頃からだんだんと年俸が上がって行って長年に活躍したことがわかりますね。

現在の年収はいくらかわかりませんが、それなりに稼いでいると思います。


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました