【大阪コロナ】悪魔の数字666とは?阪神対ロッテ33-4が話題

2021年4月3日に大阪で新型コロナウイルスの1日の感染者数が過去最多となっています。

1日の感染者数が600人以上が3日連続で3日は666人です。

悪魔の数字666や阪神対ロッテ33-4について紹介します。


スポンサーリンク

【大阪コロナ】悪魔の数字666とは?阪神対ロッテ33-4が話題


大阪の新型コロナウイルスで過去最多の666人が話題となっています。

2005年の阪神対ロッテの日本シリーズで阪神がぼろ負けした時の合計スコアが33-4。

1000-666=334⇒33-4のスコアになります。当時の成績は以下の通りです。

10-1
10-0
10-1
3-2

コロナの感染者数とは無関係ですが話題になっていました。

666という悪魔の数字は都市伝説でもよく取り上げられているので、意識する人も多いのではないでしょうか。


スポンサーリンク

【大阪コロナ】悪魔の数字666とは?阪神対ロッテ33-4の口コミ


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました