【2021年最新版】チョコボール当たりの見分け方!金銀の確率は?

2021年のチョコボールの当たりの見分け方や金のエンジェルと銀のエンジェルの確率を調べてみました。

金のエンジェルは1枚、銀のエンジェルは5枚でおもちゃの缶詰がもらえます。

森永製菓ではチョコボールの当たる確率は公表していないので、自分で確認するしかありません。


スポンサーリンク

【2021年最新版】チョコボールの当たり見分け方


チョコボールの当たりと外れには製造ラインが異なるという噂があります。

製造ラインの違いとは箱に「AC」「BC」などと記載されています。例えば「AC」が一つだけだったりすと当たりやすくなっている可能性があると思います。

チョコボールの当たり見分け方には、「小麦」「乳」「落花生」「大豆」の文字が太くなっていることや色が違うという声もありました。

当たりを見分けるコツはなかなか難しいですが、同じ製造ラインの商品と比較しても印字が太い方が確立が高いのではないかという噂があります。

チョコボールの当たり見分け方で100%の確率で当てることはできませんが、文字の太さや色を確認して下さい。


スポンサーリンク

チョコボールの金・銀のエンジェルが当たる確率


チョコボールには、金のエンジェルと銀のエンジェルの2種類があります。

チョコボールの確立に関する情報は企業秘密ということで何箱購入すれば確実に当たるとは限りません。

銀のエンジェルなら見たことある方もいると思いますが、金のエンジェルは見たことないと思います。

テレビ番組やYouTubeで確認しても、金のエンジェルは1000個購入しても金は1枚も当たらないことがあるようですね。

実際は1000個購入しても1個も当たらないことがあるということで確率は相当低いことがわかります。

銀のエンジェルは1000個購入すると30個以上当たるようですが、確率はそれ程高くはありません。

金のエンジェルを当てるには最低1000個以上に購入しないと難しいと思います。

まとめ

チョコボールの当たりの見分け方は難しいですが、文字の太さや色などで見分ける人がいるようです。

チョコボールのプロがいるかわかりませんが、金のエンジェルは1000個購入しても当たらないことがあります。

金のエンジェルの確率は1%もないようなので、当てるのはほぼ不可能かもしれません。

銀のエンジェルを5枚集めておもちゃの缶詰をもらう方が確実ですね。


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました