【配達員版】フードデリバリーランキング6社を比較【大阪】

大阪の配達員のフードデリバリーランキング6社を比較しました。

東京、神奈川、福岡などの都市でも基本的にはおすすめのフードデリバリーサービスのランキングは変わりません。

上位3社に登録して慣れることが重要です。


スポンサーリンク

【配達員版】フードデリバリーサービスの選び方

おすすめのフードデリバリーサービスを選ぶ上で、4つのポイントがあります。

  • 配達件数
  • 報酬
  • 配達エリア
  • サポート体制

配達件数、報酬は特に重要なポイントなので、ランキングを決める際のポイントになります。

配達件数

配達件数は、フードデリバリーサービスを選ぶ重要なポイントです。

注文がなければ配達するができないため、報酬を得ることができません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、didiフードの注文件数が多いデリバリーサービスを選ぶことが重要になります。。

ただし、1年中注文が多いわけではないので、ランキング上位のデリバリーサービスを3社くらいを掛け持ちがベストです。

繁忙期以外の時期は、Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、didiフードのアプリを同時に起動することで注文件数が増えます。

報酬

デリバリーサービスの報酬は、以下の2種類にわかれます。

  • 配達1件当たりの報酬
  • 固定報酬
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)やdidiフードは、距離や時間によって異なります。また、プロモーションで報酬も変わります。

    出前館は、固定報酬なので距離が遠くても、短くても報酬は変わりません。

    プロモーションを気にしないで配達するには、出前館がおすすめです。

    配達エリア

    Uber Eats(ウーバーイーツ)やmenuは全国対応しています。

    didiフードなどは関東にはないので、配達エリアが限定されます。

    基本的に東京や大阪などの大都市なら配達エリアは気にする必要はありません。

    サポート体制

    デリバリーサービスをやり始めた場合には、サポート体制も重要です。

    お客様に連絡が取れなくてどうすればよいかわからないこともあるかと思います。

    そんな時には丁寧にサポートしてくれる体制も重要なポイントですね。

    【大阪/配達員版】フードデリバリーサービスランキング6社を徹底比較

    サービス名 おすすめ 注文件数 エリア
    Uber Eats(ウーバーイーツ) 5 out of 5 stars (5 / 5) 47都道府県
    DiDiフード 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5) 9府県
    出前館 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5) 32都道府県
    menu 4 out of 5 stars (4 / 5) 47都道府県
    Wolt 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5) 22都道府県
    foodpanda 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5) 17都道府県

    Uber Eats(ウーバーイーツ)

    Uber Eats(ウーバーイーツ)は、47都道府県で展開されていて、日本のデリバリーサービスでも人気を誇ります。

    配達員が圧倒的に多いため、フードデリバリーを最初に始める時に登録する配達員が多いですね。

    配達エリアや営業時間が長いので、いつでもどこでも働くことができます。

    Uber Eats(ウーバーイーツ)は、1番人気のデリバリーサービスということで必ず登録することをおすすめします。

    出前館

    出前館は、東京715円、大阪660円と固定報酬で1件あたりの単価が高いことが特徴です。ピークの時間帯は、1件最大1640円と高額です。

    注文依頼があった際には、早押し形式ということで初心者配達員は難しいと思います。

    現在地から遠い配達先まで表示されるので、店名と住所で判断する必要があります。

    Uber Eats(ウーバーイーツ)で数日配達してから出前館で配達することをおすすめします。

    DiDiフード

    DiDiフードの稼働エリアは大阪府、兵庫県、福岡県、広島県、京都府、愛知県、沖縄県、宮城県、奈良県で東京でも進出する予定です。

    大阪での配達件数は多く、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じくらいの人気のサービスです。

    Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じで注文が入ると配達先がわかりので、配達がやりやすいことで初心者でもすぐに対応することができます。

    menu

    menuは、47都道府県に展開しています。

    レベルアップ報酬やランクボーナスなど他には報酬が魅力的です。

    報酬を最短で翌日に受け取り可能で出金を月4回無料で行えます。

    Wolt

    Woltは、22都道府県で他のフードデリバリーサービスよりエリアは狭いです。

    サポート体制が充実していて、配達パートナが安心して配達できることが大きいです。

    WoltはアメリカNo.1のドアダッシュに買収するという噂があるので、これから規模が大きくなる可能性もありそうです。

    foodpanda

    foodpandaは、シフト制ということで、他のデリバリーサービスを同時に稼働することができません。

    いつでも働けないデメリットがありますね。

    エリアによっては時給保証がありますが、他社と比較してもまだまだ注文件数が少ない感じです。

    【大阪配達員版】フードデリバリーランキング6社を比較まとめ

    大阪配達員のフードデリバリーサービスの6社を比較しました。

    大阪のおすすめのサービスは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」、「DiDiフード」「出前館」の3社です。

    まずはUber Eats(ウーバーイーツ)、その後DiDiフード、出前館の順に配達がおすすめです。


    スポンサーリンク



    コメント

    タイトルとURLをコピーしました