岩田和明編集長(映画秘宝)のwikiプロフィール!町山智浩は誰?

スポンサーリンク

月刊映画雑誌「映画秘宝」の岩田和明編集長が一般の個人にDMしたことが話題となっています。

DMに問題があったとして岩田和明編集長はツイート管理業務から離れるようです。

岩田和明編集長のwikiプロフィールや町山智浩は誰か紹介します。


スポンサーリンク

岩田和明編集長(映画秘宝)のwikiプロフィール


岩田和明さんのwikipediaには情報がありませんが、映画秘宝には情報が掲載されています。

1996年に町山が退職し、田野辺尚人が実質の2代目編集長として刊行を継続した。だが、田野辺は健康上の理由から『映画秘宝』の編集実務から退いた(田野辺はのち、2007年9月刊行の『グラインドハウス映画入門』以降、「別冊映画秘宝」編集長として、ムック時代の匂いをただよわせる書籍を刊行している)。

その後は大矢雅則が編集長をつとめていたが、2007年に退社し、松崎憲晃をへて、2012年11月号から[2] 2020年の休刊まで岩田和明が編集長だった。

映画秘宝は、1996年に町山さん、2代目編集長が田野辺尚人さん、大矢雅則さん、松崎憲晃さんを経て岩田和明さんが編集長になっています。

岩田和明さんは、2012年1月号から2020年の休刊までの8年間編集長をしていました。

2020年2月1日付で洋泉社が宝島社に吸収合併され解散するのに伴い、宝島社では継続発行せず、2020年3月号をもって休刊となった[3][4][5]。その後、岩田が新たに発足させた合同会社オフィス秘宝が「映画秘宝」の商標権を取得、岩田が編集長として同社による編集、双葉社が発行する形で同年4月21日発売の6月号より復刊することが決まった

洋泉社が宝島社に合併することで2020年3月に休刊となりましたが、岩田和明さんの合同会社が商標権を取得したことで復刊しています。

岩田和明さんは現在は編集長として活躍されています。


スポンサーリンク

岩田和明編集長(映画秘宝)と町山智浩は誰?


町山智浩さんは映画評論家でアメリカ合衆国に在住しているようです。

映画秘宝を創刊後にアメリカで映画評論家とコラムニストとして活動しています。

岩田和明編集長と町山智浩さんは映画秘宝で関係があるようですね。


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました