畔柳亨丞の進路先はドラフト・大学?出身中学・小学校や父親・兄弟は?

スポンサーリンク

畔柳亨丞選手(くろやなぎきょうすけ)は、2021年選抜高校野球でも注目選手です。

中京大中京のエースで最速151キロのストレートやチェンジアップなど評価が高い選手です。

畔柳亨丞選手の進路先はドラフトや大学なのでしょうか。また、出身中学、小学校や父親、兄弟について紹介します。


スポンサーリンク

【中京大中京】畔柳亨丞選手の進路先はドラフト・大学?


中京大中京高校の畔柳亨丞選手はドラフト候補なので、プロ野球に進む可能性が高いと思います。

進路先として大学に進学することも考えられますが、プロからも注目されているので、プロ野球に行くことになるのではないでしょうか。

選抜高校野球の成績は以下の通りです。

1回戦:対専大松戸 2対0 9回完封 被安打6 12奪三振
2回戦:対常総学院 15対5 7回 被安打7 7奪三振
準々決勝:対東海大菅生 6対0 9回完封 被安打2 7奪三振

選抜高校野球では、1回戦と準々決勝で完封しています。

身長は高くありませんが、最速151キロ、チェンジアップ、スライダー、カープなどの変化球もあります。

中京大中京高校の先輩で中日のドラフト1位の高橋宏斗選手や沢村拓一選手にていると言われています。

選抜高校野球や夏の甲子園で活躍することで、ドラフト1位候補になる可能性も高いと思います。

畔柳亨丞選手が進路先が大学になったとしても、エース候補になることは間違いないのではないでしょうか。


スポンサーリンク

【中京大中京】畔柳亨丞選手の出身中学・小学校はどこ?


畔柳亨丞選手は、愛知県豊田市立竹村小学校を卒業しています。

小学校1年生の時に豊田リトルで野球を始めています。豊田リトルは広島の堂林翔太選手も所属していました。

2009年夏の甲子園決勝「中京大中京対日本文理」の試合で野球に興味をもったようです。

中学校は愛知県豊田市立竜神中学校を卒業しています。

中学時代にはSASUKE名古屋ヤングのチームに所属していて、130キロ以上を投げていたようです。

中学3年生の時には「WBSC U-15 ワールドカップ」にも選ばれています。

高校1年生の時には、最速142キロ。2年生の時には151キロをマークしています。

【中京大中京】畔柳亨丞選手の父親・兄弟は?


畔柳亨丞選手の父親や兄弟について確認してみました。

畔柳亨丞選手の父親や兄弟の情報は見つかりませんでした。

父親も野球が好きで畔柳亨丞選手に影響を与えら可能性もありそうです。兄弟がいるなら野球をやっているのかもしれないですね。

畔柳亨丞選手の読み方が難しくて、くろやなぎきょうすけと読める人はなかなかいないと思います。


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました