みずほ銀行ATMシステム障害の会社はどこで特定?カードや通帳の返却はいつ?

2021年2月28日にみずほ銀行の一部のATMでキャッシュカードや通帳がATMから取り出せなくなったことがわかりました。

みずほ銀行でお金をキャッシュカードや通帳が戻ってこないなんて今までなかったと思うので、心配になっている方もいるのではないでしょうか。

藤原弘治頭取の記者会見では、二度と起こさないように再発防止を徹底するとのことです。

みずほ銀行ATMシステム障害の会社はどこで、カードや通帳の返却はいつになるか調べてみました。


スポンサーリンク

みずほ銀行ATMシステム障害の会社(ベンダー)はどこで特定?


みずほ銀行のATMのシステム障害がありましたが、どこの会社だったのでしょうか。

みずほ銀行の勘定系システム「MINORI」の開発には多くの企業が参加しています。

ツイッターの情報によるとシステム開発は富士通、ハードとOSはIBM、ATMは富士通、日立、窓口端末は、富士通、日立のようです。

ATMでのシステム障害ということで、富士通、IBM、日立、NTTデータの4社が関わっています。子会社に業務委託している可能性もありそうです。ただし、現在も同じ会社が担当しているかまではわかりません。

今回のシステム障害についてどこの企業が担当しているまでは、明らかになっていません。


全国でもかなりの数のATMが出金できなくなる障害が発生しています。

現在は全店舗復旧しているようなので、原因と対策はわかっていると思います。


スポンサーリンク

みずほ銀行ATMシステム障害のキャッシュカードや通帳の返却はいつ?


みずほ銀行ATMシステム障害によって、キャッシュカードや通帳はいつ戻ってくるのか不安になっている方がいます。

キャッシュカードや通帳の返却は、後日、銀行側から連絡して返却するとのことです。

いつになるかわからないので、近くのみずほ銀行に問い合わせるといいと思います。

SNS上では、間違えずに返却ができるのだろうか、詐欺が大量に出るかもしれないなどの心配の声があります。

キャッシュカードや通帳が別の人に返却されるようなことがあれば、大問題になるので慎重に対応することになりそうです。

ただ、キャッシュカードや通帳がすぐに返却されないと現金が下せないので困ってしまいますね。


スポンサーリンク

みずほ銀行ATMシステム障害のコンビニ手数料は全額負担


みずほ銀行の利用停止によりコンビニATMの手数料は全額負担するとのことです。

手数料が返却されますが、手続きの手間などを考えると損したことになりそうですね。

今後は、ATMで障害が発生しても、早急に復旧できる仕組みを考えれほしいと思いますね。

今回のシステム障害でみずほ銀行を解約する人も増えてしまう可能性もあるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました