【東海大相模】門馬敬治監督の息子や娘・嫁は誰?経歴やプロフィール

2021年の選抜高校野球で東海大相模は決勝で明豊高校と対戦します。

門馬敬治監督の東海大相模は春と夏を合わせて3回優勝しています。明豊高校に勝つと選抜では2011年以来2回目の優勝となります。

門馬敬治監督の息子や娘、嫁は誰で、経歴やプロフィールを紹介します。


スポンサーリンク

【東海大相模】門馬敬治監督の息子や娘・嫁は誰?


門馬敬治監督には、3人の子供がいますが全員が東海大相模出身です。

長男は門馬大さん、長女は門馬花さん、次男は門馬功さん、嫁さんは門馬七美枝さんになります。

門馬大さんは、2017年に東海大相模を卒業。野球は3塁手として活躍していましたが、神奈川県大会決勝まで進みましたが、甲子園に出場はできませんでした。

現在は東海大学の野球部で内野手として活躍しています。

長女は門馬花さんは、東海大相模の野球部のマネージャーとして支えていました。

門馬敬治監督、門馬大さん、門馬花さんと家族3人が同じ野球部とのメンバーとして活躍しました。

門馬功さんは、現在東海大相模の野球部に在籍しています。

2021年の選抜高校野球の準々決勝の福岡大大濠戦では、2点本塁打を含む3安打と活躍しました。

決勝では明豊高校と対戦することが決まっています。


スポンサーリンク

【東海大相模】門馬敬治監督の経歴やプロフィール


名前:門馬敬治(もんまけいじ)
生年月日:1969年12月18日
年齢:51歳
中学:東海大学付属相模中学校
高校:東海大学付属相模高等学校
大学:東海大学

門馬敬治監督は、東海大相模の野球部では、主将でしたが甲子園の出場経験はありません。東海大相模卒業後は、東海大学に進学しています。

大学卒業後は、東海大学、東海大相模でコーチを務め、29歳で東海大相模の監督に就任。

東海大相模での経歴は以下の通りです。

2000年:第72回選抜高校野球優勝
2011年:第83回選抜高校野球優勝
2015年:第97回夏甲子園大会優勝
2021年:第93回選抜高校野球決勝

2000年~2021年までで春と夏で優勝3回しています。

菅野智之選手、大田泰示選手、田中広輔選手、小笠原慎之介選手、森下翔太選手などプロで活躍している選手がたくさん卒業しています。


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました